卒業生の声

卒業生の声

本校から羽ばたき、夢を実現した先輩たち。
本校の卒業生たちは、国内はもちろんのこと、海外でも幅広く活躍しています。
多彩なジャンルを学び、あなたもぜひ、先輩たちのあとに続いてください。

永田 友梨亜

刺激を受けたフランス研修旅行。
学びのすべてが現場で生きています!
ザ・ジュエルズ アニバーサリーレストラン
平成18年度 (北海道伊達高校出身)

永田 友梨亜

現在、前菜からストーブ、デザートまでレストラン業務全般に携わっています。一日の流れを把握してシェフに指示を仰ぎ、スタッフと共有してやり遂げることにやりがいを感じます。何よりお客様の「美味しかった、ありがとう」の笑顔が一番の喜び。気配りや謙虚さなども含め、在校中の学びのすべてが今の私の基礎になっています。フランス研修旅行では料理はもちろん、見るものすべてが刺激的で、フランス料理を目指すきっかけにもなりました。みなさんも、一日一日を大切に、楽しい学生生活を送ってすてきな調理師になってください。

小野寺 了

あいさつなどの基本をしっかり学んで!
先生の話も重要です。
ニューオータニイン札幌
平成23年度(北海道登別青嶺高校出身)

小野寺 了

自分自身で目標を設定し、日々仕事に取り組んでいます。上司からの信頼を実感できたときはやりがいを感じますね。みなさんにアドバイスしたいのは、学生のうちは難しい料理や技術を覚えることより、あいさつや掃除、包丁などの道具の管理・使い方など、基本を大事に学んでほしいということ。後は各自、就職先のルールに従って徐々に覚えていけば問題ありません。また、現場を知り尽くした先生たちの話も貴重です。経験からきている言葉の中には、さまざまなヒントや答えがあります。しっかり聞いておくと、将来きっと役に立ちます。

海外で技術に磨きをかけるセンパイたち

金澤 裕之

フランス料理を学び、仕事に就くことで、
世界中へとチャンスが広がります。
フランス・パリ / レストラン就職
平成17年度卒業(室蘭清水丘高校出身)

金澤 裕之

私は在校中にフランスへ短期留学し、卒業後は長期研修のため再びフランスを訪れました。その後、一度日本へ戻って東京のフランス料理レストランで就職したのですが、やはりすぐにフランスで仕事したいと思い、学校に相談して、現地への就職を実現することが出来ました。
高校生の頃から、フランス料理を本場で学ぶことが夢でしたから、希望通りのレストランで就業できることに大きな喜びを感じています。フランスに来て最初に勤めた場所は世界中のさまざまな国籍の人々が料理を学びにくるミシュラン星つきの一流レストランでした。シェフは勿論のこと、優れた技術と知識を持った先輩たちからも大きな刺激を受けることが出来ました。その後、コルシカ島とフランス中央部ブルゴーニュ地方のレストランで経験を積み重ね、2012年からはパリ、シャンゼリゼ通りにある一流ホテル「フーケッツ・バリエール」内の一つ星レストラン「ル・ディアーヌ」で勤めることになりました。今回はシェフ・ドゥ・パルティ(セクション・シェフ)として仕事させてもらっているので責任が大きいですが、こういう様なチャレンジに恵まれて、本当に幸せだと思います。
調理の分野、とくにフランス料理の仕事に就いていると、世界中のレストランなどで働くことができます。調理師を目指している皆さんも、ぜひ大きな夢を持って頑張ってください。

鈴木 崇也

言葉の壁などを気にせず、心を開いて飛び込んでください。
考えているよりも、行動してしまえばうまくいきます。
イタリア / リストランテ修業中
平成18年度卒業(室蘭東高校出身)
鈴木 崇也

私は在校中に、イタリア料理の特別講師をしてくださった野沢先生の熱意や知識、技術に感動して、私自身もそうなりたいという憧れを持ちました。
語学力や海外への知識も不充分でしたが、不安はなく、自分の知らない世界に行くのかと思うと楽しみで仕方ありませんでした。
渡航後は、まずイタリア料理研修機関ICIFに入学して、2カ月間の授業の後に8カ月間、リストランテで研修を受けました。その後は、語学学校に通いながらピッツェリアなど、様々なレストランで幅広く修業を積み重ね、今現在はシチリア島タオルミーナのレストラン「ラ・カピネーラ」で働かせて頂いています。こちらで生活してみて感じたことは、その国に直接行って、見てふれて学ぶことの大切さです。また、料理だけでなく、その国の人々の生活様式を見るだけでも勉強になるということです。言葉の壁などを気にせず、自分から心を開いて飛び込んでいけば、笑顔で温かく迎えてくれる。それがヨーロッパのいいところです。現在、好きなイタリア料理を学べるうえに、休日には世界遺産を見に行けるなど、とても充実しています。また、職場のまかない料理で、お互いの国の家庭料理を作って食べることが楽しいですね。カレーライスや寿司、てんぷらを作ると、とても喜んでもらえます。今後の目標は、リストランテピッツェリアのシェフになること。また、専門調理師の資格を取得してイタリア料理を教えられる講師になるために、多くの知識や技術を学ぶことです。
料理に少しでも興味があり、ヨーロッパに行ってみたいと思う人はぜひ北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校へ入学してください。夢は必ず叶います。海外に出たくても、色々考えてしまって踏み出せないでいる人は、まずは海外に行ってみてください。行動してしまえば、案外うまくいくものです。

資料請求

入学試験日程表

  • お問い合わせ
  • 調理師学科

キャンパスライフ

オープンキャンパス

就職率100%の理由

卒業生の窓口

このページのトップへ