学校長メッセージ

学校長メッセージ

学校長 澤田 真奈美

世界で活躍できる人材育成に努めています
学校法人北斗文化学園
北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校
学校長 澤田 真奈美

現在の我が国の食文化は、ボーダレス化しており、様々な国からの食材が豊富となり、世界の料理を日本国内のレストランにていつでも食する機会を持てる時代となりました。

このような時代に必要とされる調理師を育成するにあたり、本校は時代のニーズに合わせた姿に変化をして参りました。私共は、昭和41年に開設しました1年制調理師養成課程を平成11年より修業年限2年間の専門課程調理師学科へと改組し、平成20年3月迄に8回目の卒業生を実社会に輩出させていただきました。そして平成20年4月1日より学校名を北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校と改めまして、調理師養成施設として独立した専門学校を設置致しました。

平成16年6月に学務提携を結びましたフランス共和国ニース国立ポール・オジエ観光調理専門学校との交換留学や教員の研修を通じて、相互の学校の交流も年を増すごとに深まり、若い調理師を目指す日仏の学生達の国際交流もますます盛んに行われるようになりました。そして、フランス料理界においてミシュランの星を獲得したフランス人シェフ達による授業を行うなど、学生達が様々な形において国際感覚を身につける機会を作って参りました。

今後とも本校は少人数制度を活かし、調理師を目指す若者たち一人一人に日本料理、西洋料理、中華料理、製菓、製パンなどの調理技術の基本を柱として、食の安全管理の教育と食育教育を含めた技術と知識、心の教育に力を注ぎます。そして、2年間を通じて幅広いジャンルの調理を身につけ、社会においても即戦力となるプロフェッショナルとしての基礎を涵養する学校としてこれからも邁進して行く所存です。

資料請求

入学試験日程表

  • お問い合わせ
  • 調理師学科

キャンパスライフ

オープンキャンパス

就職率100%の理由

卒業生の窓口

このページのトップへ